Chopper - Static (The Complete Recordings 1994-1998) (2CD)

1,200円

注文数:
UKのウェイクフィールドのメロディックパンクバンドChopperの全てのレコーディング音源を網羅した2枚組コンプリートアルバム。青臭くもほろ苦く泣き泣き哀愁にじませた疾走メロディックパンクで90年代を駆け抜けたChopper、その軌跡をバンドヒストリー・ディスコグラフィー・写真・フライヤーなど盛りだくさんのブックレットとともに追える作品。2007年リリース。

Crackle Recordsによるリリース。
2枚組CD。12頁ブックレット。
プラケースなし。不織布とビニール袋の仕様。

Bandcamp
<ねずみのぼやき>
Chopperめちゃくちゃ聴いたわ!ハイパーイナフ大学(レビューサイト)に入学したての10代の頃、アパートメントの一室のようなせまい店内のレコ屋、そこで不意に目に留まったChopperのシングルコンピを買ったんだった。アルバムもほどなくして手に入れた。当時は夢中で聴いたな。この2枚組CDにはもちろん全てのシングル・アルバムともにばっちり収録されている(だってディスコグラフィーだし!)。てかこのディスコグラフィー自体もリリースがもう10年前だぜ!おい!

ほぼ一貫してスピーディなメロディック/ポップパンクをやっていたChopper。そのひたむきに疾走していく様は、ぼくが惹き付けられたこのバンドの魅力の一つ。当初はシングルの曲の方がアルバムのそれよりも好きだった。でも聴き込むうちにアルバムの方がどんどん好きになっていった。憂いの増したメロディーと余韻が自分にとって味わい深いものへと変わっていった。バンド最後期に残された唯一のアルバムを傑作だと感じているし、明快なキャッチーさを残しつつよりメロディックなアプローチへと移行していく過程にあった初中期の音源にもまた素晴らしい曲がたくさんある。

このCDのブックレットにはフライヤーや写真などが載っているのでそこから当時の雰囲気が伝わってくる。またCrackle Records執筆によるバンドヒストリーにはリリース音源ごとの情報や小話を交えた回顧録になっていておもしろい。90年代に来日しているけど、ぼくがこのバンドを知ったときにはとっくに解散済みだった。解散後はPyronとTorino 74に分かれて活動していた(これらもすでに活動を終えている)。

ブックレットの最後にはJ Churchのランスを偲んだ文章がある。ランスはこのディスコグラフィーがリリースされるほんの少し前にこの世を去ってしまった。タイトルの「Static」はChopperの曲でもあるがJ Churchにも同名の曲がある。

並んで語られることの多いBroccoliは2016年にまさかの再結成来日ツアーを行なったが、いつかChopperを見れる日は来るのか?!
  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

カテゴリー 一覧

全件表示 7"s LPs CDs Tapes Zines Stocklist