+HIRS+ - The Second 100 Songs (CD)

0円

注文数:
アメリカはフィラデルフィアのトランス/クィア・グラインドコア/スラッシュ・コレクティブ+HIRS+。これまでにリリースされた音源をつめこんだ100曲(実際は101曲)入り編集盤の第2弾。打ち込みのブラストビートとサンプリングを多用したノイジーで重厚で破壊的なショートチューンを連発し、トランスジェンダー女性としての経験を反映した痛烈なメッセージを叫ぶ。

SRA Recordsからのリリース。

※タダでもらったので無料です。欲しい方はカートに入れてくださいね。

Bandcamp
<ねずみのぼやき>
クィアパンクシーンを牽引するフィラデルフィアの+HIRS+。トランスジェンダー女性であるJPさんがボーカルとプログラミングを、親友のEsmさんがギターをつとめるグラインドコアデュオとして2011年に結成。シスジェンダーで異性愛者のタフな白人男性が大多数を占める音楽ジャンルと、トランスやクィアとのあいだを橋渡しすることが目的だったという。上記の二人が固定的なメンバーだけど、二人だけで成り立ってるわけじゃないという認識から、バンドではなくコレクティブを名乗り、トランスやクィア、フェム、女性たちに参画を呼びかけてる。

歌詞のテーマはトランスジェンダー嫌悪から、同性愛嫌悪、レイシズム、セクシズム、資本主義、宗教、警察にまでおよぶという(残念ながら本作には歌詞が掲載されてない)。トランスジェンダー女性としての生きづらさや怒りをぶつけた歌詞は絶叫ボーカルに隠れがちになるけど、自らの存在でもってメッセージを発すること自体がメッセージとなり、伝わるところには確実に伝わってる。特に女性やPOC(有色人種)やLGBTQIAの人たちをを鼓舞しようとしてる。

この100曲入り編集盤第2弾は、2013〜2014年にかけてさまざまなフォーマットで出された単独作やスプリットやコンピの曲をまとめたもの。実際は101曲らしい。大半の曲が30秒以内で終わり、なかには1秒にさえ満たない曲もある。映画やポピュラー音楽などからのサンプリング、打ち込みの高速ビート、ノイジーなギター、熱い絶叫ボーカルが炸裂するショートカット・グラインドコア(って言うの?)。こういうのは普段まったく聴かないけど、なかなかかっこいいやないの。こんなことなら+HIRS+とPeople Watchin'のスプリット7"も入荷しとけばよかった!

  • クリックで画像を表示

カテゴリー 一覧

全件表示 7"s LPs CDs Tapes Zines Stocklist